「防災ポーチ」中身は何入れる?外出時の災害の備え!おすすめアイテムをチェック

外出時の災害時の備えとして防災ポーチを用意しよう


instagram @taaa_wd

いつ起きても不思議ではない災害。

防災バックや非常食を用意しているというご家庭も多いのではないでしょうか。

しかし仕事先や買い物中など、家にいる時に災害が起きるとは限らないので、外出中でも最低限の備えをしておくと安心です。

今回は外出時に携帯しておく「防災ポーチ」についてご紹介します。

防災ポーチとは

生活に必要な物は家庭によっても違います。家族構成や生活リズムに合わせた中身をポーチに入れておきましょう。

優先順位の高いアイテムを入れる


instagram @goshima_miyabi

防災ポーチは外出時に災害が起きた時でも使えるようにと、防災グッズをまとめたポーチです。

家にいない時に災害にあってしまう場合を想定するので、必要最低限のアイテムをバッグに入れて常に持ち歩くことが大切です。

普段から荷物が少ない方には、少しのポーチも邪魔に感じてしまうこともあります。

逆に子供を連れているママにとっては、すでに荷物が多い場合もあるので、今持ち歩いている荷物の見直しも必要となるかもしれません。

「持ち歩ける量かどうか」

日常生活の中で自分の荷物量や移動距離なども考えて、どのくらいの荷物なら増やせるかを考えて優先順位の高いアイテムを入れて作っていきます。

普段のアイテムにプラスするだけでもOK


instagram @seirahiraga

普段からウェットティッシュや絆創膏、頭痛薬などを持ち歩いている方も多いと思います。

そういったアイテムは日常的に使えるだけでなく、もちろん災害時にも役立ちます。

普段の外出時に使いやすいアイテムを入れておくと、活用の場面も多くなり持ち歩く意識にも繋がります。

いつものポーチの中身のほとんどが、防災用としても使えるという方も多いかもしれませんので、他にも用意しておきたい防災アイテムがあれば追加してみましょう。

基本の中身

防災ポーチに入っていると安心な基本グッズをご紹介します。

0次の備えリスト


instagram @masumi3desu

0次の備えとは普段の外出時から、最低限の防災グッズを携帯しておくこと。

基本のアイテムをご紹介します。

・モバイルバッテリー、乾電池式充電器
・飲料水
・携帯食
・タオル、ハンカチ、ティッシュ
・ウェットティッシュ
・マスク
・ホイッスル、笛
・常備薬や絆創膏
・携帯用トイレ
・家族写真や連絡先
・メモ、油性ペン
・小銭
・アルミブランケット

たくさんあるように感じるかもしれませんが、少量ずつでまとめると意外にコンパクトにポーチに入りますよ。

ポーチは水に濡れても大丈夫な素材


instagram @taaa_wd

災害時に汚れたり、濡れても中身が使えるようになるべく防災用のポーチはビニール素材や水に強い素材だと安心です。

薬や電池など特に水に濡れると困るものは、小分け用のジッパーバッグなどに入れてポーチに入れておきましょう。

女性や子供向けの中身

防災ポーチの中身は持ち歩く人が使いやすいような内容で作りましょう。

女性用

生理用品


instagram @goshima_miyabi

女性の場合はあると安心なのが生理用品です。そこまでスペースを取る物ではないので、少し用意しておきましょう。

入浴ができない時や下着の替えがない時にも役立ちます。

携帯用タオル


instagram @naocan_4kids

ダイソーで買える圧縮タオルは数滴の水をかけて広げると、薄手のタオルとして使えます。

水が少量必要となりますが、包帯のかわりや軽く体を拭く時にも便利です。

個包装なので、災害時でも衛生的に使うことが可能です。

防犯ブザー


写真AC

子供だけでなく女性も持っていると安心なのが防犯ブザー。キーホルダーのようにポーチやバッグにつけておけるので、荷物の邪魔になりません。

救出が必要な時にも大きな音で周囲に気づいてもらうこともできます。

子供用

お菓子


instagram @naocan_4kids

防災ポーチに入れておきたい携帯食は子供がいる場合は、子供が好きなお菓子メインで用意しましょう。

数が多く入っているラムネやグミなどがおすすめです。

シールや文房具


instagram @naocan_4kids
子供の機嫌が悪くなることも予想されるので、コンパクトで子供の気分が紛れるアイテムがあると安心です。

お絵かき用のメモやシール、ミニ折り紙などがおすすめ。

ホイッスル


instagram @naocan_4kids
最近はダイソーやセリアでも数多くの災害用品を取り扱っています。

ホイッスルとライトがセットになった商品はとてもコンパクトで、ポーチに入れておいたりキーホルダーのようにつけておきましょう。

ケガの対策


instagram @naocan_4kids
災害時に心配なのはケガの処置。

子供は転んですり傷を作るだけで泣いてしまい、余裕がなくなってしまうことも。

個包装されている消毒剤や大きめの傷あて材、子供が好きなキャラクターの絆創膏などがあれば活躍しますね。

保険証や医療証も常に持ち歩いていない場合は、コピーを入れておくのもいざという時に安心です。他にも家族の連絡先を書いた紙なども一緒にしておきましょう。

バッグに防災ポーチを入れて災害に備える


instagram @seirahiraga
防災ポーチはいつもの荷物を少し見直すだけでも簡単に作ることもできます。

小さなお守りとして家族分用意しておけば、災害時にも慌てずに対応できるはずです。無理のないように持ち歩ける荷物量を考えながら、少しの備えをぜひ追加してみてくださいね。

友だち追加

beachmama
beachmamacomonaライター
小学校と幼稚園に通う姉妹がいます。
子育て中でも暮らしやすいように、簡単な掃除方法や便利グッズを考えたり探してる時間が好きです。
よろしくお願いします。

beachmama

小学校と幼稚園に通う姉妹がいます。 子育て中でも暮らしやすいように、簡単な掃除方法や便利グッズを考えたり探してる時間が好きです。 よろしくお願いします。

プロフィール

ピックアップ記事