製氷皿のおすすめはどれ?素材別の特徴やメリット・使い方を紹介

使い方いろいろ!おすすめ製氷皿


instagram @maruboshi.gadget

氷を作る為の「製氷皿」。定番のプラスチック素材以外のものもあり、種類が豊富なのを知っていますか?それぞれに特徴があり、形も丸型や長方形、キャラクター型などいろいろあります。今回は、素材別の特徴やブランド別におすすめの製氷皿をご紹介します!

製氷皿にはどんな種類があるの?

素材ごとにメリット・デメリットを紹介します。

プラスチック製氷皿


写真AC
1番定番の製氷皿といえば、プラスチック素材のタイプですね。100均でも購入出来る、最もコストパフォーマンスが良い製氷皿です。蓋付きのものも販売されており、冷凍庫内で重ねて置くことができ、省スペースでたくさん氷が作れるというポイントも。しかし、氷を取り出すときに取りにくいことが多く、使いたい分だけ取れなかったり、氷が割れてしまうことがあります。

シリコン製氷皿


instagram @dalian

カラーがいろいろあり、お洒落なシリコン素材の製氷皿です。丸型やキャラクター型など、氷の形も様々あります。なんといっても一番の特徴は製氷皿の柔らかさ。シリコンなので柔らかく、氷がとても取り出しやすいです。

他の素材の製氷皿に比べても1番氷を破損させずに取り出しやすいです。しかし、冷え方は他の素材に比べ、ゆっくりしているので、凍らせる時間は十分に必要です。

金属製製氷皿


instagram @kotsubu_sha
金属製の製氷皿1番の特徴は熱伝導の良さ。比較的大きめの氷でも短時間で作ることができます。他の素材に比べ、断トツの熱伝導率です!夏場にかき氷の氷を早く作りたい時などすぐに氷ができるのでぴったりです。

しかし、容器自体がとても硬いので取り出しにくさが多少あります。その場合は、少しお湯など熱で周りを溶かしてから取り出すとスルッと取り出せます。

おすすめ製氷皿ブランドと製品

可愛い!使いやすい!と人気のおすすめ製氷皿をご紹介。

プラスチック製

アスベル スリムアイストレー3段

詳しくはこちら

冷凍庫の場所を取らないスリムなデザインの製氷皿です。冷凍庫にスペースがあまりないという方におすすめです。3段を固定するホルダーもついていて、ずれることなく、収納できます。1度に大きめな氷が21個も作れて、量もたっぷりです。また、夏場に気になる衛生面においても嬉しい、抗菌加工がされています。

エビス(Ebisu)保存容器ワンプッシュアイストレー

詳しくはこちら

必要な分だけ1つずつ取り出しやすい半円状の作りが特徴の製氷皿です。氷の端を押すだけで、つるんと氷が取り出せるので便利です。例えば、製氷皿を使った離乳食保存をする時も、1つずつ取り出せるところがとても重宝されます。蓋付きなので、衛生面や匂いも安心で、重ねてしまうこともできますよ。

パール金属 製氷皿M21個取りボックス付アイストレー

詳しくはこちら

こちらはスタンダードなキューブタイプの氷を作れる製氷皿です。特徴は、保存できるボックスが付いていること。氷を作り置きしてストックできます!また、金属素材なので、熱伝導が良く他の素材に比べると素早く氷ができ、氷を外すのもスルッと出来るのも嬉しいところです。

ボックスの上に製氷皿を乗せれるため、冷凍庫内の場所も省スペースで済みます。

シリコン製

sarasa design シリコンアイスキューブトレイMサイズ

詳しくはこちら

シリコン素材なので耐熱温度230度のオーブンでも使える製氷皿です。3.2cm角の大きめの氷が1度に15個作れます!大きな氷は溶ける時間が長くなるので、飲み物が薄まりにくいです。冷たい飲み物を美味しく楽しめる氷が作れますよ。

また、氷を作るだけではなく、焼き菓子などのキューブ型お菓子作りにも使うことができます。サイズはこちらのMサイズのほか、S・Lの3種類がラインナップしています。

KAZUXI アイストレーハニカム型

詳しくはこちら

珍しいハニカム型の小さめの氷を、たくさん作れる製氷皿です。見た目も緑と紫のカラーがとてもお洒落ですね。縦横2.5cmほどの小さなハニカムキューブ氷が、1度に37個×2段分作れます。
ひとくちサイズの氷なので、子供の好きなジュースを流し込んで凍らせるだけでアイスキャンディーになりますよ!素材も柔らかなシリコン製で、子供でも氷の取り出しが簡単です。

 

スケーター(Skater)シリコンクラッシュアイストレー ミッキーマウス

詳しくはこちら

ミッキー型がとても可愛いシリコン製の製氷皿です。形も可愛いですが、小さなサイズなので短時間でたくさん作れるところが特徴です。ミッキーの可愛い氷は、ホームパーティーなどのイベントで活躍しそうです。また、チョコを流し固めて可愛いスイーツ作りにも一役買ってくれそうです。

金属製

寿金属工業 ステンレス製氷皿小10個取

詳しくはこちら

こちらの製氷皿は、ステンレス製なので臭い移りもしにくく、氷はもちろん、アイス作りなどにもおすすめです。熱伝導も良いので、氷を取り出すときは、手の温度が伝わり、スルッと外せます。サイズは、中と大もあって、お家の冷凍庫スペースや需要によって選択できますよ。

パール金属 クールズアルミ製氷カップ二個組

詳しくはこちら

外径9.2cm×高さ5.3cmの氷が作れる製氷カップ2個セットです!ご自宅でかき氷をするときにも大活躍の大きめの氷ができます。また、本体はアルミ製で素早く冷やし固め、臭い移りもしにくいです。丈夫で軽いのも嬉しいポイント。蓋つきなので、収納する時も重ねることができ場所をとりません。

素材や形状を見て用途で選ぶ製氷皿


写真AC

製氷皿はスタンダードなキューブ氷を作る為のアイテムとしてはもちろん、その他ユニークな形のものや、素材によってそれぞれに特徴があることがわかりましたね。また製氷皿は、氷を作る以外でも離乳食の保存やスイーツ作りのアイテムとして活用出来るアイテムです。使い方を工夫するだけで、使い方の幅がグッと広がります。

この機会にぜひ、素材や形にこだわった製氷皿を選んでみてはいかがでしょうか。

友だち追加

paruparu

やんちゃボーイ2人の子育てに奮闘中のママです。 特技は、お得情報発信と家事の手抜き♡ ママ目線で子育てが楽しくなるような記事をたくさん書いていきたいです!

プロフィール

ピックアップ記事