「夏に快適なマスク」熱中症や肌トラブルにならない為の選び方

夏マスクの選び方とおすすめ


写真AC

今年は梅雨の時期も暑い夏もマスクをすることが推奨されていますね。だんだんと暑くなってきた今、「マスク熱中症」が問題になっています。長時間マスクを付けていると、息苦しさを感じ、熱中症になってしまうことも。そこで今回は、これからの時期も快適に着用できるおすすめの夏に快適なマスクについてご紹介します。

夏に快適なマスクの選び方

夏におすすめの「マスク」とはどんな特徴があるのか、選び方についてまとめました。

夏につけるマスクの特徴


paruparu

・冷感素材で作られている
・通気性が良い
・UVカット機能が施されているものもある

「夏に快適なマスク」は、冷感素材や通気性の良い生地で作られており、暑い夏でも快適に付けられるような仕様になっています。通常のマスクよりも、涼しく着用できるような機能性に優れています。

夏のマスクの選び方のポイント


写真AC

素材

着用した際、ひんやり感じる素材を選ぶのがおすすめです。例えば、接触冷感素材のものやキシリトール加工素材のものなど。他にもアイスコットンや麻(リネン)、ダブルガーゼは通気性が良いのでおすすめです。なるべく速乾で通気性のあるもの、蒸れにくものを選ぶのがポイントです。

機能性

夏場に使用するマスクは特に機能性を重視しましょう。菌の繁殖を抑える抗菌タイプ、臭いの発生を抑える防臭・消臭タイプなど様々な種類が発売されています。さらに、日焼けも気になるこの時期には、UVカット機能を備たものも選ぶと良いでしょう。

形状(平型、プリーツ型、立体型)

平形、プリーツ型、立体型とマスクにも様々な形があります。その中でも通気性を考えると、プリーツ型立体型が夏にはおすすめです。プリーツ型は、ジャバラ状になっている部分で目の下から顎まで覆うことができ、口を動かしてもずれにくいのがメリットです。また呼吸しやすく、締め付け感が少ないのも魅力です。

立体型は、顔の形に合わせたフィット感が良いです。口元にはしっかり空間が確保できるため、息もしやすく、口紅がつきにくいというお化粧をするママ達には嬉しいメリットも!立体型か平型かなど、形やデザインで選ぶのもポイントです。

使い捨てか洗えるタイプか

毎日使うことを考えると、洗濯機でじゃぶじゃぶ洗え、扱いやすいマスクがおすすめです。夏に快適なマスクとして販売されているものの多くは、洗って繰り返し使えるタイプがほとんどです。洗って使えるタイプの方が、コスト面においても良いです。もし使い捨てタイプを使いたいという方は、なるべく通気性が良く、息苦しくないような工夫のあるものを選びましょう。

夏にマスクを使う時の注意点

夏にマスクを付けることで起きるトラブルや、その対策についてご紹介します。

マスク熱中症


写真AC

夏のマスク使用は、熱中症のリスクを高めます。マスクを付けていると、呼吸で発している熱を放出できなくなり、体内に熱がこもるようになります。またマスクによって口が加湿されることで、喉の渇きに気づきにくく、熱中症の危険がさらに高まります。今年は例年以上に熱中症の対策を、意識して行うことが必要になります。

どんな対策ができる?

・可能な時にはマスクをはずして休憩 
気温や湿度の高い中でのマスクの着用は要注意 です!屋外では、ソーシャルディスタンス(人と人との2メートル以上の距離)を確保し、マスクをはずして休憩しましょう。またマスクを着用しながらの過度な運動は避けましょう。

・水分補給を心がける
マスクをしていると体温も上がるため、汗をかきやすくなります。のどが渇いたなと感じる前に水分補給をするよう心がけます。汗をかいた時は、水やお茶だけでなく、塩分も摂るようにします。スポーツドリンクや塩飴など手軽に塩分補給ができるものを持って歩くのがおすすめです。

お肌のトラブル


写真AC

マスクの中は高温多湿なので、雑菌が繁殖しやすい環境です。会話や咳、くしゃみなどで飛んだ唾液による雑菌が、マスク内で繁殖してしまい、肌荒れの原因となります。またマスク繊維と肌がこすれることによって、肌のバリア機能が低下し、乾燥肌荒れとなってしまう場合もあります。       

どんな対策ができる?

・スキンケアをしっかり行う
マスク内で菌が繁殖して肌荒れにつながらないように清潔に保つことが必要です。汗をかいたなと思う時や、帰宅時は顔を洗う等の対策をしましょう。またスキンケアも重要です。

しっかりと保湿をし、クリームなどで保護膜を作ることで、マスクの摩擦を軽減することができます。特に夏は紫外線の影響もあり、肌に負担がかかります。少しでも肌負担を減らすため、外出時には日焼け止めを塗りましょう。

・菌の繁殖を抑える
肌荒れの原因となる菌を繁殖させないためにも、日々清潔なものを着用しましょう。抗菌タイプのマスクを着用したり、マスク用除菌スプレーを吹きかける等の対策ができます。

・通気性を保つ
使い捨てマスクに多い、不織布の素材よりも布素材のほうが通気性が良いです。夏に快適なマスクはコットンや麻の商品が多くあるので、通気性に優れているものを選びましょう。蒸れを極力少なくし、マスク内が高温多湿にならないよう気を付けます。

おすすめの夏に快適なマスク

暑い時期を快適に過ごせるための工夫が施されている、おすすめのマスクを大人用と子供用に分けてご紹介します!

【大人用】

フレスデザイン エフマスク(A)

詳しくはこちら

エフマスクは、日本の水着メーカーが作るマスクです。素材も加工も全て日本で行われている純日本製のマスクなので、安心して使うことができます。接触冷感、UVカット、速乾素材で夏も快適です。

水着で使われる素材を使っているので、伸縮性のある素材でフィット感のある布マスクになっています。また表面生地は旭化成のロイカ(R)(ポリウレタン)の耐塩素タイプを使用しているので、速乾な上に耐久性もあり、洗って繰り返し使うことができます。

〔HYPER GUARD〕 洗えるマスク

詳しくはこちら

こちらの洗えるマスクは、抗菌、消臭、吸水速乾、UVカット機能がついている夏におすすめなマスクです。また口と鼻周りの空間が出来るように立体構造になっているので、息苦しさを改善しています。

シンプルなフェイスラインに合わせたデザインも男女問わず使えます。約100回の使用が可能でコストパフォーマンスも抜群!子供用もあるので、チェックしてみてください。

ohkini(オオキニ) 麻マスク

詳しくはこちら

着物屋さんが作った日本製のマスクです。メイン素材は麻で、洗うたびに柔らかな付け心地が特徴。麻の生地の特性として、通気性の良さ、強度がある、防虫防臭効果があるなど、夏マスクにとても向いています。

デザインはノーズワイヤー入りのプリーツ加工で息苦しさが軽減されます。耳にかけるゴム部分は平ゴム(ソフトゴム)タイプなので、耳が痛くなりにくくおすすめです。

無印良品 繰り返し使える2枚組三層マスク

詳しくはこちら

無印良品の「繰り返し使えるマスク」シリーズに、布マスクがあります。このマスクの素材にはオーガニックコットンを採用しており、通気性の良いつくりになっています。抗菌防臭加工もされていて衛生的です。繰り返し洗い約30回使える耐久性もあります。

こちらのマスクは現在オンライン限定販売ですが、6月中旬より店舗でも夏向けのサッカー織り(清涼感のある生地を使った織方)・ムラ糸天竺編み・鹿の子編みの3種のマスクが取り扱い予定です。

アイリスオーヤマ ナノエアーマスク

詳しくはこちら

6月中旬に発売されるアイリスオーヤマのナノエアーマスク。高い機能と通気性を実現した使い捨てタイプマスクです。太さの違う繊維を組み合わせた技術を用いて、薄いつくりでありながら、花粉やウイルス飛沫を99%カットしてくれます。

さらに空気の通り道を増やすことで、夏のマスク着用時も蒸れにくい、息のしやすさを実現しています。

【子供用】

バナナ小僧 キッズ用 冷感マスク

詳しくはこちら

洗って何度も使える子供用夏マスクです。熱伝導率の高いアイスコットンの繊維を使用しているので、肌に触れた瞬間にひんやりした接触冷感の効果が得られます。抗菌防臭加工もされており、夏場に気になる菌や臭いの繁殖も抑えてくれます。

こちらのマスクはデザインの豊富さが人気です!形はフィルターを入れることのできるポケットタイプと、フィット感のある立体型の2種類。柄も15種類あり、自分の好きなタイプを選べます。

cliosi 子供用マスク

詳しくはこちら

レーヨン素材で作られた接触冷感の子供用マスクです。ストレッチ性もあり、UVカット加工になっています。軽くて丈夫な上に通気性が良いので、運動量の多い子供の快適な呼吸をサポートしてくれます。繰り返し洗って使えるので経済的です。またカラーも豊富なので、おすすめです。

Twin Leaf 子供マスク5枚セット

詳しくはこちら

キュートなプリント柄が人気の子供マスクです。これなら自分のマスクが一目で分かりやすいですね。またデザインは立体タイプで、スポンジのように軽いポリウレタン素材で出来ています。伸縮性の高い素材なので、長い時間していても耳が痛くなりにくいです。通気性も高いので、快適に使用することができます。

マルヒサ 絹夏用子供マスク

詳しくはこちら

京都の呉服卸であるマルヒサが販売している「絹夏用子供マスク」。5月に発売を開始して、既に2万枚以上購入されている人気のマスクです。吸湿冷感のキシリトール加工&抗菌加工をしているので、涼しくさらっとした付け心地も好評です。

また、天然素材の「絹」は肌に優しく、敏感肌の子供にもおすすめ。着物の織り技術を活用したメッシュ織りの通気性の良い蒸れにくい作りになっています。無地と千鳥格子柄がありますが、どちらも白地なので使いやすいです。大人用サイズの展開もありますよ。

今すぐ夏に使えるマスクを用意しよう


写真AC

これからさらに暑い日が続きます。熱中症や肌トラブルなどにならないために、今のうちからマスクの対策が必要です。今使っているマスクを見直し、少しでも快適に夏を過ごせるように今から準備をしましょう!

友だち追加

paruparu

やんちゃボーイ2人の子育てに奮闘中のママです。 特技は、お得情報発信と家事の手抜き♡ ママ目線で子育てが楽しくなるような記事をたくさん書いていきたいです!

プロフィール

ピックアップ記事