「知育時計」で時間を学ぼう!デザイン豊富なおすすめ時計の選び方

知育時計の選び方とおすすめ時計


写真 AC

子供に時計の読み方を教えようと思った時に役立つ「知育時計」。時計の読み方を知ることは、生活する上でとても大切なことです。お子さんに早めに習得して欲しいと思うママも多いのではないでしょうか。

そこで今回は時計の読み方を覚えるための知育時計について、選び方のポイントとおすすめの知育時計をご紹介します!ぜひ参考にしてみてくださいね♡

知育時計について

知育時計とは?


instagram @swhme.__.emm
知育時計とは、アナログ時計が読めない子供が、時計の読み方を覚えるために作られた時計のことです。子供が時計の読み方を覚えやすいようにデザインされています。例えば、通常の1〜12の数字が書いてあるだけでなく、5分ごとに数字が書いてあったり、長い針と短い針が色分けされていたりと子供にわかりやすい作りになっています。

小学校で習う前から、習慣として時計を見ることを身につけておくと、時間の感覚も覚えられ生活のリズムも作りやすくなりますよ。

知育時計の選び方


instagram @ruu__qp

①知育時計のタイプから選ぶ

掛け時計
壁にかける知育時計は大きめのものが多く、常に目に入りやすいことがメリットです。また大きい文字でとても見やすいです。リビングの目につきやすい場所に掛けておくと、常に意識することができ、効果的です!

置き型時計
置き型の知育時計は、実際に子供が手に持って確認しながら、時間を学ぶことができることがメリットです。サイズも小さいものが多いので、持ち運びどこでも使用することができます。また、目覚まし機能がついているものが多いので、一人で起きる練習にも使えます。

学習型時計
勉強道具として使用するのであれば、時計の針を手で回して動かせる学習型時計がおすすめです。針を自由に動かしながら、「これは何時?」といった学習を繰り返し行うことができます。他の2つに比べ、値段もお手頃なものが多いです。

②わかりやすい目盛りのものを選ぶ

知育時計の「目盛り」も選ぶ時の大事なポイントです。1時間ごとの刻みだけではなく、分刻みがわかりやすいものがおすすめです。目盛りが細かいほど時間をしっかりと覚えやすくなります。

中には1〜12時だけではなく1〜24時まで目盛りのある24時間目盛りの時計もあります。細かくなりすぎると理解が難しいこともあるので、年齢やお子さんに合ったものを選んでください。

③針がわかりやすいものを選ぶ

知育時計は、子供らしいカラフルなデザインのものが豊富。初めて時計の読み方を学ぶなら、短針と長針の色が別々のものがおすすめです。色が違うことで針の区別がつきやすいので、何時何分か理解しやすくなります。

タイプ別のおすすめ知育時計

掛け時計

MAG 知育時計 よめーる

詳しくはこちら

長針と短針だけでなく、秒針もついているので、秒数を教えることもできます。シンプルで読みやすいデザインが特徴で、学習用にぴったりです!子供用ならではの派手さもないので、インテリアの邪魔にもなりません。

また「時=”じ”」と、ひらがな表記になっていたり、小さな子供でも学ぶことができる工夫が施されています。

3coins 知育時計


ライター Paruparu

スリーコインズでも知育時計が購入出来ますよ。短針と長針の針が黒と赤で色分けされており、分刻みの目盛りが描かれています。またカチカチという秒針の音がしないタイプなので、とても静かです。

なんといってもお値段が550円!お手頃な価格が人気の理由です。見た目もシンプルなのででインテリアにも馴染みますね。

置き型時計

くもん出版 スタディめざまし

詳しくはこちら

短針は赤い針で赤い数字、長針は青い針で青い数字、それぞれの針の色と読む数字が同じ色になっている知育時計。目覚まし&スヌーズ機能付きで、生活習慣を身につけるのにも活躍します。見た目もカラフルで子供の興味を引くので、早くから時計に親しむことができます。

セイコークロック ドラえもん知育時計

詳しくはこちら

ドラえもんのデザインが可愛い知育時計です。中心部分に時計があり、その周りにマグネットで取り外し可能なプレートがついています。

プレートは「時・分」の他に「おやつ」や「お風呂」などの表示があり、時間学習と一緒に、生活習慣のスケジュール管理もできます。置き型なので、マグネットをつけ替えて使ったり、壁に掛けても使用できます。
 

学習用時計

Mro-cat 子供用時計

詳しくはこちら

指でくるくると回して時計を読み取る学習用の知育時計です。直径10cmのコンパクトサイズなので、お出かけの時のおもちゃとしても使うこともできます。24時間表記もされていて、小学校で習う時まで長く使用できますね!

手動で動かすタイプ且つサイズが小さめなこともあり、とてもリーズナブル。遊びながら使えるので、早いうちから時計を教えたい方にはおすすめです。

アーテック さんすうとけい

詳しくはこちら

時計の側面にについている歯車を指で回すことで、針を動かすことができる学習用の知育時計です。1分ごとに針を進めることができ、時間の足し引きも学ぶことができます。小学校に入るお子さんの計算練習にもなるのでおすすめですよ。軽くて持ち運べる大きさなので、学びたい時にさっと使えるのも嬉しいポイントですね。

子供にぴったりな知育時計を選ぼう


instagram @swhme.__.emm

日常的に関わることの多い時計。時計の読み方を理解できるようになることで、生活習慣のリズムをつけることにもつながります。そろそろ時計の読み方を教えてあげたいなと思っている方は、ぜひ今回ご紹介した選び方を参考に使いやすいものを選んでみてくださいね。

paruparu

やんちゃボーイ2人の子育てに奮闘中のママです。 特技は、お得情報発信と家事の手抜き♡ ママ目線で子育てが楽しくなるような記事をたくさん書いていきたいです!

プロフィール

ピックアップ記事