2020年夏の登下校は「熱中症」に要注意!予防法と対策グッズ特集

熱中症から子供を守る対策やおすすめアイテム


写真 AC
今年は新型コロナウィルスによる休校の影響で、夏休みが短縮された学校が多いですよね。2週間ほどの短い休みになってしまい、例年なら休みの時期に学校へ行くことになります。つまり猛烈な暑さの中を歩いて登下校する必要があるということです。

例年に無い時期の登下校で子供の熱中症が心配な保護者の方も多いと思います。そこで、真夏の登下校時に少しでも熱中症から子供を守るためにできる対策やアイテムをご紹介します。

登下校時にできる対策

8月といえば朝からセミが鳴く暑い日々。早い時間とは言え朝から30度なんて日々も続いてますね。下校時間はなおさら暑い時間帯です。そんな暑さから身を守るために子供自身ができることや親ができるアドバイスなどを紹介します。

子供自身ができる対策


写真 AC

帽子をかぶる
登下校時には帽子をかぶる決まりがある学校が多いですよね。特に指定されていない学校でも真夏の登下校時には頭部を日差しと紫外線から守るために帽子をしっかりとかぶりましょう。

親ができるアドバイスと対策


写真 AC

こども110番の家などを教えておく
具合が悪くなった場合歩き始める前なら家族や学校の先生に、歩いている途中なら通学路近くの民家に訴えることも必要です。「こども110番の家」など地域で子供を守るための活動をしている家を子供に教えておくといいでしょう。
体調が悪ければ休ませる
たとえその日にテストやイベントがあっても、体調が悪ければ休ませましょう。無理して体調を悪化させないよう登校前にしっかり子供の体調をチェックしてくださいね。朝の検温などコロナ対策もできるのでおすすめです。
送迎をする
あまりに暑い日には学校への送迎も検討しましょう。同じ登校班の方との連絡、協力体制を整えておくのもいいかもしれません。
暑さ対策グッズを持たせる
本来なら夏休みに登校しなくてはならない異例の夏、学校によっては登校時に暑さ対策グッズの利用、持参を許可している場合があります。確認の上、できる限りの準備をしてあげてくださいね。

※テレビやネットの天気予報をチェックしたり、暑さ指数を発表している環境省のサイトを参考にするのもおすすめです。

環境省 熱中症予防情報サイト

登下校におすすめ!ひんやりグッズ

夏休みが短縮され、炎天下の登下校が必要な今年は、ひんやりグッズの使用を許可する学校も多いので調べてみました。ぜひ参考にしてくださいね!

ランドセル背中パッド

詳しくはこちら

ランドセルの背中部分につけることでランドセルと背中の間に隙間を作り、通気性をよくします。マジックテープなので自由なサイズで取り付けが可能。また、汗をかいてもすぐに吸収でき、ランドセルの比重がかかる部分に取り付けることで不快感を無くしてくれます。

ランドセルの金具部分に取り付けるのでズレることもなく快適に装着できます。学習院型、キューブ型、どちらのランドセルにも簡単につけることができ、自宅で洗えるのが嬉しいですね。

ランドセルメッシュパッド

詳しくはこちら

立体構造のハニカムメッシュ(極厚10mm)を使用。熱がこもらず通気性抜群で、涼しく快適です。メッシュ部分はさらさらの肌触りでソフトなつけ心地です。通常より長い極厚10mmのメッシュのため、へたりにくく耐久性もあるので、長く使えます。また、オールシーズン対応 なので冬は背中の保温性を保ち、ランドセルのひんやり感をなくします。

帽子ひんやりパッド

詳しくはこちら

帽子の中は熱気で蒸れやすいので冷却効果があるパッドはいかがでしょうか。水で濡らして絞ればひんやり冷たくなる素材を使っているのでそのまま帽子の裏側に入れて使います。あらかじめ凍らせておくと長時間ひんやりが続きますし、洗って繰り返し使えるのも嬉しいポイントです。

服の上から体を冷やすスプレー

詳しくはこちら

登校する前に家で服の上からシュッとスプレーすると、マイナス20度の冷気で体を冷やせる商品です。汗をかいた時にもひんやりと感じることができるので背中や脇下にスプレーすると体感温度が変わります。歩いている時はしばらく冷めたさを感じることができるので登校時にはおすすめです。

学校で持ち込み許可され始めた対策アイテム

冷感タオル

詳しくはこちら

水で濡らすだけで冷たくなるタオルです。朝は自宅で、下校前には学校の水道で濡らして絞ればすぐに使え、首や手首に巻いて体感温度を下げられます。ケース付きのものなら授業中はケースに入れて保管できますし、ケースがなければジップロックでも対応できますよ。

桐灰化学 熱中症対策 ぬらしてひんやり首もとバンド

詳しくはこちら

こちらも水で濡らすと冷たくなるタオルです。>首に巻いて使うタイプ子供日傘

詳しくはこちら

日傘は頭部だけでなく、肩や腕も日差しから守ってくれます。またソーシャルディスタンスを守るためにもおすすめのアイテムです。こちらは子供用の軽いもので、小さく折りたためるのでランドセルにしまうことができます。晴雨兼用なので、夏以外でも使えるのがいいですね!

暑さ対策をしっかりして、子供を熱中症から守ろう


写真AC
いかがでしたか。毎年厳しくなっているように感じる夏の暑さ。その暑さの中、学校へ通う子供たちは毎日熱中症の危険にさらされています。ちょっとした工夫やアイテムを利用することで、危険な暑さから子供たちを守ることができるんです。ぜひ参考にしてみてくださいね!

rin69

ああ言えばこう言う生意気盛りの姉妹と日々格闘中。 毎日を楽しく過ごすためのコツを見つけたいと思っています!

プロフィール

ピックアップ記事