レジ袋有料化?対象や例外は?気になる有料化のルールやおすすめのエコバッグを紹介!

レジ袋有料化とおすすめエコバッグ


写真AC

今年の7月より『レジ袋の有料化』を事業者に対して法令で義務化することが予定されています。

環境問題改善に向けたプラスチックごみ削減の取り組みの為です。

それと共に注目すべきは「エコバッグ」ですよね。スーパー以外でもレジ袋有料化になると、より多くの方がエコバックを使用することになるでしょう。

今回はレジ袋有料化について、そしてエコバッグの選び方についてご紹介します。

※本記事は2020年3月までの経済産業省発表の資料を元に作成されました。

レジ袋有料化とは

レジ袋を有料化する理由や概要についてご紹介します。

2020年7月から始まるレジ袋有料化


写真AC
今年の7月1日から、原則国内のすべての店でレジ袋の有料化が義務付けられる方針が固められています。

日本の環境問題の1つである【プラスチックごみを減らす】という目的。有料化にする事で本当に必要かどうかなど、個人のライフスタイルの見直しのきっかけにもなります。

消費者にとって身近なものであることも、意識の変化を促しやすいですね!

レジ袋有料化対象のお店と除外のお店

有料化になるお店と除外されるお店があるのでご紹介します!

有料化対象とされるお店


写真AC

スーパー、コンビニ、ドラッグストア、百貨店、中小事業者を、含め全てのお店で有料化が実施されます。

消費者にとって身近なお店が対象なので、レジ袋の有料化が浸透しやすくなる予想です。

有料化対象外とされるお店

クリーニング店

写真AC

このレジ袋有料化の法律の対象は、「商品」を包む容器包装です。その為、クリーニング店は「商品」ではなく「サービス」を提供しているので衣服を包む袋やレジ袋は対象外になります。

しかし、国としてはこのような対象外の店に対しても、自主的に有料化を進めるよう呼びかけています。

フリマや地域のお祭りなどの屋台

写真AC

地域のお祭りや学校でのバザーなどは常に営んでいるお店ではないので対象外になります。

もしお祭りに本業の飲食店が屋台を出している場合は、袋も有料になります。

有料化除外とされる「袋」とは?

全部有料化になるの?除外はあるの?について紹介します

本法令としては除外だが自主的有料化の可能性がある袋


写真AC
紙袋
本法令ではプラスチックの袋を対象にしているので、紙袋には適用されません。しかし、プラスチックのレジ袋よりも紙袋の方が、コストがかかるので紙袋に切り替える業界は衣料店などに限られると予想されます。

実際ユニクロが、紙袋に切り替えていますが、自主的有料化の準備が進められています。

環境に優しいプラスチック製の袋
植物などを原料とするバイオマスプラスチックを25%以上配合した袋と、海洋生分解性プラスチックの袋も環境問題に影響が少ないので対象外ですコストが高いのが欠点でなかなか導入がすすみません。

しかし、現在セブンイレブンやイオンなどでは、普及を促しています。こちらも自主的有料化になる可能性があります。

本法令除外の袋

厚いプラスチック製の袋

厚さが0.05ミリ以上あるスポーツショップなどでもらうような袋です。こちらは、繰り返し使える(リサイクルできる)強度があるから対象から外れています。

レジ袋以外に使われている袋

レジ袋が対象なため、衛生上必要なビニール袋や梱包として使われるものは除外。

レジ袋有料化が始まったらエコバッグが便利

レジ袋有料化になると、さらにエコバッグの重要性が増しますね!エコバッグの選び方からタイプ別の機能や種類を紹介します

今後のエコバッグ


写真AC

レジ袋有料化により、新たなエコバッグの使い方が出てくると思われます。

現在は、主婦が食料品を買い物する時のエコバックが多いですよね。それが、レジ袋有料化によりエコバッグの使用者層が広まると、色々な種類が必要になります。

選び方


写真AC

シーンで選ぶ

食料品の買い物、コンビニで少量の買い物、お弁当の買い物、など使用するシーンにより選びます。

保冷機能が付いているものなら、食料品にはぴったりです。また、マチ付きタイプならお弁当を入れるにも使いやすいです。

容量で選ぶ

食料品や日用品の買い物ならある程度大きめな容量が必要になります。また、コンビニでお昼ご飯を買った時など少量でコンパクトに折りたためるようなものが適していますね。

デザインで選ぶ

今までは主婦が食料品を買うときに使用するものという認識だったエコバッグです。しかし、これからは子供向けのかわいいものから、サラリーマン向けのシックなデザインのものまでいろいろなデザインか出てきそうですね。

また素材も長く使えるように洗えるようなもの、頑丈なものが良いですね。

タイプ別エコバッグを紹介

エコバッグには様々なタイプがありますよ!どんなものがあるのかご紹介します!

折りたたみタイプ

詳しくはこちら

コンパクトに折りたためるタイプは、常に持ち歩くエコバッグとしておすすめです。

カバンの中に入れてもかさばりません。量の少ないコンビニでのお買い物や、大きなエコバッグを持ち歩きたくないお仕事帰りのお買い物にもぴったりですよ。

保冷バックタイプ

詳しくはこちら

これからだんだんと暖かくなる季節、お肉やお魚など生物を購入する時のお買い物には保冷タイプが必須です。

このような蓋もしっかりチャックで閉まるものがより保冷効果もありおすすめです。

レジカゴタイプ

詳しくはこちら

スーパーのカゴにぴったりはまるタイプです。

レジを通すときに店員さんがレジカゴにはめてくれると、自分で袋詰めする手間を省くことができて、一石二鳥になります。折りたためて、保冷機能が付いているものが多いのも便利です。

トートタイプ

購入はコチラ

こちらはトートタイプの無印のエコバッグです!

見た目のシンプルさが人気です。ジュート素材なので軽くて、汚れもめだちにくいです。

大きさも3種類ありますよ。これにお財布を入れてお買い物に行けばお洒落なバックにも見えて、エコバッグの役目もしてくれます。

エコバッグを詳しく知りたい方はコチラ

レジ袋有料化に向けてお気に入りのエコバッグを見つけよう


写真AC
いかがでしたか?

レジ袋有料化のスタートはもう間もなくです。今までとは違い、コンビニや飲食店、衣料品店などでもエコバッグが必要になってきます。

ぜひこの機会に、自分の生活スタイルや利用するお店によって、使いやすいお気に入りのエコバッグを見つけてみてくださいね。

友だち追加

ピックアップ記事