100均の鯉のぼりをリメイク?親子で作ろう!鯉のぼりエコバッグの作り方

100均こいのぼりをリメイクしてエコバックを作ってみよう


ライターCHISA
100円ショップの鯉のぼりを購入したことはありますか??生地もしっかりしていて、大きな鯉のぼりを飾るスペースのないご家庭にはちょうど良いですよね!しかしワンシーズンで捨ててしまう人も多いのでは?今回は鯉のぼりを飾ったあとに簡単にリメイクする方法を紹介したいと思います。

どんなもので作るの?リメイクの材料


写真AC

・いらなくなった鯉のぼり(捨てるのがもったいないというもの)
100円の鯉のぼりなど、ワンシーズンで使い終わる場合におすすめです。
・ミシン
グルーガンや布用ボンドなどでも作れます。

100均こいのぼりでエコバッグを作ってみよう

広げると大きな布になるので、今回は簡単に出来るエコバッグの作り方を紹介します。2匹の鯉のぼりを使って作っていきます。

こいのぼりを裏返します


ライターCHISA
こいのぼりを裏返すと、縫ってある場所がわかりやすいです。。2枚とも縫い目を全てほどいていきましょう。糸切りバサミがなくても、普通のハサミやカッターで切ることができますよ!

広げてシワを伸ばします


ライターCHISA

糸を取ると、こんな感じになります!縫っていた部分は折り目がついているので、手で伸ばすか低温でアイロンをかけて伸ばしましょう。

バッグの形になるように縫っていきます


ライターCHISA
広げたこいのぼりを2枚重ねて縫っていきます。頭の方、尾びれの方、どちらを上(持ち手部分)にするか決め、底の部分を縫います。
今回は頭の方を底にするので、顔の先にある線の部分を縫いました!底を縫い終えたらさらに両脇を縫います。尻尾の上部は後で持ち手として開くので(10cm~15cmぐらい)縫わずに開けておきます。

持ち手を作ります


ライターCHISA
持ち手を作るには、上記の工程で縫った後、鯉のぼりを縦に半分に折り重ね、線の部分をハサミで切ります。

持ち手切り離すとこのようになります


ライターCHISA
広げると、こんな形になっています!

余分な部分を切ります


ライターCHISA
縫い終えた後の余った端の部分などを切り取ります。そのままでも大丈夫ですが、エコバッグとして畳むときにボリュームが出てしまうので、余分な部分はカットするのがおすすめです!

マチをつけましょう


ライターCHISA
写真の様に両脇を5cm程度、鯉のぼりを内側に折り、端の部分を計4カ所縫います。マチから取っ手までの長いラインは縫わずに大丈夫です。

これで少し持ちやすくなり、マチもできますよ!

裏返します


ライターCHISA
横から見るとこんな感じになります。。ちょっと違和感がありますが、インパクトのあるエコバッグの完成です!

持ち手と入れ口の処理


ライターCHISA
最後に切りっぱなしの布の部分を少し内側に折り、ほつれないように処理をすると、より綺麗に仕上がります!今回はミシンで縫いましたが、グルーガンやボンドで止めても大丈夫ですよ。

完成


ライターCHISA
とても簡単に出来上がりました。正面から見たらこんな感じになります。アイデア溢れる面白いエコバッグができました!

持ち歩きにも便利です◎


ライターCHISA
鯉のぼりはポリエステルやナイロンといったエコバッグと同じ素材なので、畳むことも出来軽量です。強度もあるので、重いものを入れても大丈夫ですよ!

お家時間に挑戦してみよう!


ライターCHISA

プチプラ100円こいのぼりとはいえ、飾った後に捨てるのも勿体無いですよね!
今回ご紹介したエコバッグのように再利用してみるのはいかがでしょうか?簡単に出来るので、お子さまと一緒に挑戦してみてくださいね!

*CHISA*

ハンドメイドが好きで、子ども服やイベントの装飾、小物、消しゴム判子…等色々作っています!!あっという間に終わってしまう子育て。一緒に楽しみましょう☆

プロフィール

ピックアップ記事